読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

E判定から逆転合格!医学生家庭教師が教える勉強法

【1年で偏差値30から70越え】順天、医科歯科の医学科に合格した方法をお伝えします!大学入学後、さらに研究し改良した勉強法を家庭教師、添削指導に活用し、成績アップや医学部合格を実現した生徒多数

「0.99の法則」サボり癖の本当の恐怖

【0.99の法則とは】

今度は、0.99の法則についてお伝えします。

 

0.99法則とは、サボり続けることの恐ろしさを訴えるもので、1.01の法則同様、

「0.99の365乗と1.01の365乗とでは絶大な差が出る」という計算結果をもとに述べられています。

 

例えば、今のあなたの数学の能力を数値で表すと「1.00」だったとしましょう。

そして今日、数学の勉強をサボってしまいました。記憶は薄れ、忘れていくもの。数学の能力が1%低下し、結果として能力が0.99になりましたね。

 

非常に小さな変化に感じるかもしれませんが、このまま惰性で勉強をしないとどうなるでしょうか。もうお分かりですね。

 

仮に勉強をサボった結果、1%能力が減り続けると、1ヶ月も学習を怠れば数学能力の数値が約0.74となります。

 

1年後には、なんと0.02551という結果になり、元の能力の2%ほどになってしまうのです。

恐ろしいことに、始めにあった能力がほぼ失われたも同然になってしまうのです!

 

現実での能力がこの計算結果通りになる訳ではありませんが、1年努力を怠ることで、能力が著しく低下し、ほとんど無くなってしまうことがご理解いただけると思います。

 

みなさんも、「今日は勉強しなくても良いや」と思うことがあるでしょう。

しかしそこで「0.99の法則」を思い出し、努力を少しでも継続するよう行動し続けて下さい。その努力の先にこそ、いえその先だけ、志望校合格が待っているのですから。