E判定から逆転合格!医学生家庭教師が教える勉強法

【1年で偏差値30から70越え】順天、医科歯科の医学科に合格した方法をお伝えします!大学入学後、さらに研究し改良した勉強法を家庭教師、添削指導に活用し、成績アップや医学部合格を実現した生徒多数

勉強時間は「多く」作る。

【勉強時間を捻り出せ!】

 

次の電車が来るまで5分ある。

次の授業まで5分ある。

 

こんな時、あなたは、

「5分しかないから、」と何もしない人ですか。それとも、

「5分あるなら、」と考えて、何か小さなことを勉強しようとする人ですか?

 

5分あるなら、昨日覚えた単語帳を読み返せる。一語につき10秒で意味を確認するなら、30語は復習できます。

 

5分あるなら、さっき解いた数学や物理、化学の問題の解説の流れを確認出来ます。

 

記述問題なら、小さな声で暗唱してみて復習出来ます。

 

このように、受験においてはちょっとした時間を活かすかどうかで、他の受験生と大きな違いを作る事が出来ます。

 

「とはいっても5分でしょ、先生?」

 

そんな声も聞こえてきますが、このような

「予定と予定のスキマの時間」

は、1日のうちに何度もあることでしょう。

 

午前に5回、午後に7回、計12回あるとすれば、1日に1時間。

1ヶ月で30時間。

3ヶ月で90時間です!

 

スキマ時間をかき集め、勉強時間を「多く」作ることで、3ヶ月で90時間もの勉強時間を捻り出す事が出来ます。

 

90時間もあれば、得意科目の1つも作れそうな勢いですね。実際、私も2年間の間にこのようにして勉強時間を多く作り出し、苦手科目をつぶしたり、得意科目を作り出したりしていました。

 

みなさんも今日から、スキマ時間を発見したら勉強時間にシフトしてみましょう。